結婚式に臨む新郎の準備

結婚式といえば新婦の晴れ姿が着目されがちですが、もう一方の主役であるはずの新郎も気を抜いてはいけません。新婦が人生で一番輝かしい姿を見せるのと同時に新郎は人生をこれからどう歩んでいくのか、ゲストや親族、そして何より新婦に対して披露するべきです。ただ漫然と言われた通りのスケジュールに合わせてバタバタと過ぎていくだけの結婚式ならば高いお金を払うのは損するだけで、むしろその機会を活用して自分という新郎がどういう家庭を築くのかをアピールするとより一層価値あるものとなるでしょう。
そのためにはスケジュールの節々で自分はどう行動するか考えておくべきです。例えば開会の挨拶、そこで言わば第一印象は決まります。頼りなく見せるより、どうせならばここら堂々とした姿を見せると新婦側のゲストからの評価は高まり、この式自体もそうですし、今後の生活で何かと力となってくれる味方に付けられるはずです。もちろん締めの言葉も大事で、ここをこけるとあとあと挽回のタイミングがないがゆえに、ずっと失敗した人間として見られ続けます。ここばかりはしっかりとストーリーを記憶しながら、当日のエピソードをうまく組み込んで組み立てる準備をしておきましょう。

PAGETOP